おしらせ:新型コロナウイルス問題に伴う業務体制について

愛知県より新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令されたことに鑑みまして、2020/04/13より、弊事務所においても業務体制を大幅に縮小しております。

 

そのため、いただいた郵便・電話・FAXへの応答が遅延することがございますので、何卒ご了承下さい。

 

留守番電話に残していただいた録音メッセージは、逐次内容を確認しておりますので、少しお時間を要することがあると思いますが、弊事務所から折り返しのご連絡を申し上げることが可能です。

 

また、このウェブサイトからのご連絡(相談申込みフォームその他のお問い合わせフォーム)については、通常どおり対応しております。

 

何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

ごあいさつ

私は、患者さんの代理人として医療過誤事件を担当する弁護士です。1997年に弁護士となりましたが、2000年11月より、医療過誤事件(含む薬害事件)の患者さんの代理人という仕事に専従しています。

 

弁護士2名・事務員1名の小さな法律事務所ですので、大きな力はありませんが、患者さんやご家族の「何が起きたのかを知りたい」という願いに沿うことのでき るように調査を行い、医療機関の側に反省をしていただくべき点がある場合には、そのことを丁寧に伝えていくことで、1つ1つの問題に適切な着地点を見出していきたいと考えています。

 

そして、容易なことはでありませんが、究極には「医療の安全の実現」という、患者さんと医療関係者の共通の願いにつなげていくことを目標として、仕事に取り組んでいきたいと考えています。

 

私は、医学の専門家ではありませんので、文献や教科書等を通じてお名前を拝見したいろいろな分野の医師の方々に、その都度相談を申し上げながら、患者さんからのご依頼に対応しているという実情にあります。見ず知らずの弁護士からの突然の相談のお願いにも関わらず、真摯にご対応下さった多くの医師の 方々に、あらためて御礼を申し上げます。

 

「何が起きたのかを知りたい」という患者さんの願いにご助力をいただいたことに対し、少しでもお返しができるよう、誠に非力ではありますが、医療の安全を実現するにはどうしたらよいかということを、患者さんの側からの視点を大切にしながら、考えていきたいと思います。

 

現実には、日々悩みが尽きませんが、思いを同じくする多くの方々とともに努力をしていきたいと思いますので、どうか宜しくお願いいたします。

 

弁護士 堀 康司 

 

相談を希望される方へ

医療過誤事件について相談を希望される方は、相談申込みフォームからご連絡下さい。

お知らせ

2019/05/01

柄沢好宣弁護士をパートナーに迎え、事務所名を堀法律事務所から、堀・柄沢法律事務所に変更しました。

弁護士 堀 康司
Yasuji HORI

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-35
ハイエスト久屋4階
堀・柄沢法律事務所
tel 052-959-2556
fax 052-959-2558