ランマーク皮下注120mgによる重篤な低カルシウム血症

医薬品医療機器総合機構が、ランマーク皮下注120mg(適応症:多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変)による重篤な低カルシウム血症について、安全性速報を発出しました。

 

2012年4月17日販売開始後、同年8月31日までの間に、約7300人(推定)が使用し、重篤な低カルシウム血症32例が報告され、そのうち、死亡原因との関連が完全には否定できないとされた例が2例報告されているとのことです。

 

関係者の方はくれぐれもご留意下さい。

 

【安全性速報(ブルーレター)】
・(医療関係者向け)ランマーク皮下注120mgによる重篤な低カルシウム血症について
http://www.info.pmda.go.jp/kinkyu_anzen/file/kinkyu20120911_1.pdf
・(国民(患者)向け)ランマーク皮下注120mgを使用される患者様とご家族の皆様へ
http://www.info.pmda.go.jp/kinkyu_anzen/file/kinkyu20120911_2.pdf

 

弁護士 堀 康司
Yasuji Hori

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-35
ハイエスト久屋4階
堀法律事務所
tel 052-959-2556
fax 052-959-2558